こんにちは、本当に今年は残暑がひどいですね…。。 さて、今日は日経を読んでいて税務調査の話題が出ていたので、そのお話を少し^^ 税務調査といえば、多くの社長にとっては怖いものです。だって、いきなり税務職員が会社にきて、いろいろ調べられてもしかしたら追加で税金を持っていかれるかもしれない。何も悪いことをしていないのに、あれやこれやと質問されたり資料をくまなく見られたり、何か悪いことをしている気にもなってしまうものですよね。。 この調査のあり方が、来年1月から少し変わるみたいです^^ 調査に入る前の事前の連絡は義務化。(要は、急に会社に来るということは完全に無くなるみたいですね) あとは、万が一追徴課税の必要がある場合は理由説明を行うことも義務化されるようです。 良く考えればこの2つの義務化は当たり前といえば当たり前なんですけどね! とにかく社長にとっては少し気が休まるニュースでした。こんにちは。 8月も中旬に入りもうすぐお盆休み、という方も多いようですね^^来週は天気も良いしているみたいなので良い休暇になると良いですね♪ さて、今日はちょっとしたお役立ち情報を。 あまり知られていないのですが、地域における税理士会の支部で税金に関する無料相談会を実施しているのはご存知ですか? 例えば新宿区でいうと、東京税理士会新宿支部が、毎月第1第3水曜日に13時から16時まで実施しています。(ただし、納税地が新宿区の方にだけに限られます。) 税理士への相談というと、なかなか敷居が高く感じられる方もいらっしゃるかもしれませんが、こういったオープンな場で相談できるということであれば、ちょっとしたことでもぜひ活用していきたいものですね!今日の日経のニュースです。 自民党は今日の午前のマニフェスト最終案にデフレ対策として法人税率の20%台への引き下げや、今後5年間を集中改革期間とする「日本経済再生・競争力強化基本法」の制定などを盛り込んだそうですね。 あとは消費税率の「当面10%」への引き上げ方針もあるみたいです。。 現状の40%近い法人税は、確かに中小企業経営者にとってはとても重い問題です。最近では、日本の法人税率が高すぎるということで、シンガポールなどアジア諸国で会社を持つ経営者も増えているということですしね。 とにかく、どうなるのか注目です!

▲トップに戻る

お問い合せ